引越し 単身 安い 長距離

引越し単身が安い@長距離の運搬もおまかせ

引越し 単身 遠距離

引越し 単身 長距離

引越し 単身 見積もり

引越し 単身 比較

引越し 単身 相場

 

大手の引っ越し業者には
単身引っ越しパックというサービスがあります。

 

多くの単身引っ越しパックが、
決められたボックス内に収めれば一律何円というスタイルです。

 

ボックスには1人暮らし用冷蔵庫、布団、少量の家電、洋服や本など入ったダンボールが入ります。
一人暮らしなら十分ですが、ちょっと荷物の多い一人暮らしの方には不向きです。

 

一人暮らしといえど冷蔵庫と洗濯機、テレビと自転車と・・・となると
単身引っ越しパックのボックスには収まりきらないかもしれません。

 

そうなるとやはりトラックを手配しての引っ越し作業になります。

 

やはり、心配なのが引っ越し料金です。長距離引っ越しだと料金もかさみますね。

 

なるべく安い金額がいいな〜と思うなら、引っ越し業者に一括見積もりをして長距離の料金を安くしましょう。

 

=>一括見積もりで最適な引越し方法を見つけましょう

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの大まかな手順を知っておくとムダがなくて便利です。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約
・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものを荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続き
・郵便物の転送手続き

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認
・荷解きと整頓
・新居こ゛近所への挨拶

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続き。゛
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更。

 

細かく見てみましょう。

 

まず引越し業者への見積り依頼ですが、新居が決まってからでないと費用の算出ができません。
新居の情報も引越し費用に関係するからです。

 

先に新居を探して、決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して価格やサービスを比較し、契約までしておきましょう。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのはちょっと時間がかかるので、早めに取り掛かってください。
売るもの、あげるもの、捨てるものに分けて処分しましょう。

 

市町村役場に提出する書類、電気・ガス・水道などインフラの停止や精算、郵便物の転居届を提出したら、いよいよ引越し当日です。

 

引越し当日、荷物の運搬は引越しスタッフにおまかせして、家財の配置を指示してあげてくださいね。
ただし貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などは自分で管理しましょう。

 

引越ししたら、合間を見てご近所へ挨拶に行きましょう。

 

転入届(市外引越し)か転居届(市内引越し)のいずれかを2週間以内に新居に最寄りの市町村役場に提出します。

 

あとは銀行や運転免許証など住所変更が必要なもののを変更しておきましょう。